脳が食べたいものと、体が食べたいものと

ふと、
すごく食べたい!!イメージが浮かぶ。
その欲求にしたがって、お店に入る。

そのとき。

ちょっとこらえて、
体の声を聞いて、冷静に選んでみる。

気持ちは、後ろ髪を引かれている。

でも、
食べた途端

「あっ、これだったんだ!!」
と、目から皮膚から
すーっと、ビビッと電流が流れて、
中で何かが巡りはじめて、
体が喜んでくる。

脳で選んだものは、
一瞬快感を覚えるけれど
すぐに体はむしろ倦怠感を覚えて、
さらに別の食べ物を欲しがってくる。

でも、いまの街を歩いていても
そんなからだが喜べる食べ物を
気軽に買い求めることは、本当に難しい。

体が本当に欲しいものを、
もっと身近に手に取れるように
できたらと思う。

そして、私の目標は
脳も、腸もからだも、
仲良く欲しがってくれるものを
つくること。

体の中も、にっこり楽しく、
仲良く・・⋆*❁

からだにやさしく、うつくしく ココロにおいしいお菓子の世界。 不思議の森の、小さなキッチンへようこそ